あらためまして あんぽんたん

意識ゆるい系の日記です

うるさいやつはムッコロですよ!

選挙カーがうるさくてたまんない一週間だった。
なにせ立候補が5人以上なのよ。とめどなく来るわ来るわ。
最近は住宅街のなかにまで入ってくる選挙カー減ってるんだけど、今回の選挙は土足につぐ土足だった。

なので、明日は選挙カー(っていうか拡声器やスピーカー)使わない人に投票します。
選挙カー使わなくても勝ってくれ。その作戦が功を奏してくれ。

広告なら広告と言ってくれ

感動的なドキュメンタリーだと思ったら青汁のCMだったって映像あるじゃないですか。
あれと同じ手法で、感動的なブログだと思ってたら自分がプロデュースした商品の広告だった!ってパターンを最近みかけて。

書き手の文字選びが好きで読んでたブログだったんだけど、広告への流れを見た瞬間、わたしの心のなかの潮がサーーーッと引いていく音がした。

正真正銘のドン引き。

たぶん最初から「いまから書くことは新商品の広告ですよ!(笑)」って書いてたら、潮も引かなかったと思うのよ。

おそらく、いつものブログのつもりで読んでたら……あれ?ん?おい!これ広告じゃねぇかあああああああ!!!おーーーーい!!!のショックというか“だまされた”感じは大きい。

文字選びが素敵だわーと思ってた人がそういうことをしちゃったから……なんか……うん……冷めたな。


最近バラエティ番組の中で、番組の延長で出演者がCMをするやつあるじゃん。
あれに『※これはCMです』って表記がなかったら紛らわしくてJARO案件っすよね。

そんな広告に対してなにかとナイーブになってしまったともむらさんに笑顔を取り戻してくれたのが、

すゑひろがりずによる『流行病の乱』の実況動画なのでした!!!!
姫君の春画じゃーーーー!!!!

【※これは布教です】

ナンニンカ

心理学だったか忘れたけど「自分が居心地よいと感じる人数は、幼少期に長く過ごした集団の人数で決まる」っていう論を見かけたんだよ。
その集団というのは、だいたいは家族の人数のことを指しているらしい。三人家族なら三人、四人なら四人。
あるいは小学校のときの最も印象深い友達関係とか。

で、これから転じて思ったのが、創作するときにメインに置く人物の数。
私はほぼほぼ三人なのよ。
三人が一番作りやすいと信じ込んでる。これって家族も友達関係もだいたい三人で長く過ごしてきたからじゃないかなぁと。人間関係の運び方が分かる。

そんなこんなでメイン登場人物が四人になるともうギリギリ扱いきれなくなって、五人だとバラッバラ(笑)
思い返せば途中で「あー!こりゃもうまとめきれない!」ってねをあげたのって三人以上の話だっていう。
にぎやかなものに憧れるけどねぇ。ワイワイと過ごした経験がほぼないから、理解できないのかもしれない。

ちなみに三人の次に作りやすいのが一人の話。二人が最高に難しい。二人むずっ。


その昔、書いた話を読ませてもらってた友達に「これ登場人物多すぎじゃない??」ってよく意見してたんだけど、その子って二世帯家族だったな。
ごめんね、私側の問題だった(笑)

引っ越しまでまだ少し時間はあるぞ

iらんどからの「ホームページ機能が3月でおわりまっせ!」メールでお尻をさらに叩かれる。もう叩かれすぎてヒリヒリよ、尻が。

今日は「サザンカ(2007年作品)」のお引越し作業をしながら読み返してたけども、もうもうもう書いてることが今とあんまり変わってなくて笑うよ。
孤独が引き起こす悲しみがテーマなの、今と変わってない。いじめられっこが出てくるのも。

サザンカ」をなんとかかんとか完結させたのも、自分の心の支えの第一歩な気がするのよね。
まず、自分の考えたお話を最後まで書き終えるっていうのが相当難しいから。新しく考えることは誰でもいくらでもできるのだけど。
ちゃんと終わらせてあげられるようになったのは、サザンカがあったからだと思っています。あんとき頑張ってよかったよ。

……まあ、その後、終わらせられない…という話も出てきてしまうけどさ(笑)
ワンダリングは最高に病んでるときに書いたものなので、「健全な心をもって出直したいよー!!」って既に3年ぐらい前から思っています\(^o^)/
友喜くんのズタボロ雑巾具合が自分自身のメンタルと共鳴していることに気づいてなかった。
あと、ガソリンになってたバンドの活動が減ったり、休止しちゃったりだったのがいかんかったよ!!音楽重要!!!

iらんどのおかげで、自分のお話を整理する年度末になりそう。待雨草。

f:id:itachi5go:20200123002857p:plain:w300

たぶんもっとある。もっとあるぞ。

ふわふわした世界のなかに、暗い設定がぶっこまれてるの好き。

有名どころだと「ざわざわ森のがんこちゃん」は人類が滅亡したあとの世界だとか。砂と化した人間のたちの残骸の真ん中にざわざわ森がある(恐怖)。

あとは、どーもくんのどーも族は昔々にりんごのような果実をいっぱい食べたら眠り始めて、永遠に目覚めなくなてしまった。りんごを食べなかった仲間たちは悲しみにくれて泣きながら列になって山奥に消えていく(映像だと火山の中に飛び込んでいる気がする…)その数日後に降り始めた雪で世界は氷河期になり、雪の中で卵のまま眠っていた唯一の生き残りが、我らがどーもくん。


なんか、露骨に暗くて殺伐とした設定よりも胸の奥にずぅんとクるものがある。
ふわふわぽわぽわしているだけじゃない、という。
NHKの作品にその傾向がある気がする。


わしもは、ひよちゃんの死んだおばあちゃんの入れ歯を入れているというのも闇深いよな。
ちなみにアニメのナレーションは、死んだおばあちゃんなのだ。第一話の冒頭は、おばあちゃんが死んでひよちゃんが泣いているところから始まる。

ぜんまいざむらいは、そもそも舞台が西暦2015年っていうね!(放送は2006年なので実は未来のお話だったのだ…)
明治にならず江戸時代がずーっと続いていた世界。井戸に落ちて死んだだんご泥棒が大福の神様に助けられて、頭にぜんまいをつけられて「善い行いをしないとぜんまいがほどけきってもう一度死ぬよー!人間になりたかったら108つの善い事をしなさい!」って、井戸から放り出されたら200年後の『からくり大江戸』の世界だったという。
死んだ時代じゃなくて200年後だし、頭のぜんまい巻かれてほどけたら死ぬ……ってハードだろぉおおお!!!

ムジカピッコリーノも、音楽で栄えた王国が1000年前に大災害で滅んだ世界が舞台で。地上をさまよっている傷ついた音楽を癒やしていく話。
その音楽のなかに「365歩のマーチ」だったり、山口百恵だったりザ・ピーナッツだったり…馴染みある日本歌謡があるという。

フックブックロー(本屋)もハッチポッチステーション(駅)も『お客さんがいない…来ない…』っていうノスタルジーがあった。

こうして挙げていくと、Eテレの子供番組で見た目はすこぶる明るいけど実は重たい設定のお話ってやたら多そう。


チコちゃんが「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と大人だけを叱る理由は、その昔(もしくは未来)、大人がなにも考えずに放置しつづけた問題のせいでチコちゃんは“永遠の5歳”になってしまったから。「ボーッとしてんじゃねぇよ」ではなく、あえて“生きてんじゃねーよ”……と生命を強調して叫ぶ意味は……っていう都市伝説は世の中にすでにありそう。
もしくは、本当は戦争で死んだ子なのかもね。
戦争ってつまりは大人がなんにも考えずにボーッと生きたせいで引き起こされた戦いなわけだから。そのせいで永遠の5歳になったチコちゃんが、現代に蘇り、同じ過ちを繰り返さないようにと大人に問い、叱り続ける。

……あ、嘘だよ!?

チコちゃんの裏設定はどっちもいま私が即席で考えたくだらない嘘っす\(^o^)/うそうそかわうそー!
よくあるよね、こういうの。ジブリのやつとか。全部ウソだよ、ウソ。安易な想像だわ。

ちなみにいまのチコちゃんの姿は二代目です。パイロット版のチコちゃんはぜんぜんかわいくないです。これは真実です。


ねほりんぱほりんも裏設定あればいいのになぁ。

くーーーーるーーーー!

大河ドラマはてんで興味なかったんだけど、予告を見てなんだか面白そうだな…ってピンときたので「麒麟がくる」を見たよ。岡村さんも出てるしさ。

面白かったよ!
ストーリーの構成がものすごく王道だった。
ふるさとを出たことがない若者が初めて旅に出て、各地でいろんな惨状を見てしずかに絶望して、へべれけになりながら目的を果たし、燃え盛る困難に立ち向かい、農民ヒロインに「良い国をつくる人の前には麒麟っていう生き物がくるんだよ」って聞かされるという。
この流れから、もし、麒麟が実在してて、麒麟を探し求め始めたら大河じゃなくてファンタジーになるなぁと(笑)

冒頭で、鉄砲を構える野盗の前でじーっと動かないで見てるシーンがあったんですが、そうかと思った。『銃』って分かってるから私達は逃げるわけだ。
なにか分からない人たちは、そりゃあポカーンですよね。大きな音がして、気づいたら血を流している……、魔法か妖術のように感じるかも。
長い棒の先っちょから鉄の玉が出てくるなんて想像できないもんねぇ!!

鉄砲を買い求める道中で見かけた人々の惨状を、見るたびに「胸が痛い…こんな世の中むり…」とかナイーブに反応するんじゃなく、物語の高まりのマックスのときにフラストレーションとしてドーンと爆発させたのが……良かったなぁ。
くそぉおおお戦っても戦っても意味がない!こんな世の中変えてやらぁああああ!!!麒麟がくるぅううううう!!!みたいな。

衣装がカラフル…で話題らしいが、本当にものすごく原色バリバリなのであえてやってるんだろうなぁっていう感じで気にならないです。
ニチアサのヒーローはもっとカラフルっす。ニチアサのほうがよっっっぽど目が痛い。エグゼイド見てみろ!!!

土ぼこり舞わせたら「汚い」っていうし、衣装が鮮やかだと「派手」っていうし、なんでも文句言われるんだな。

一年間放送のドラマかぁ…。
開始前のゴタゴタあったけど、オリンピックで中断するらしいし、これまでの大河よりかはゆったりと作られるのでは(ゴタゴタ分は本当に大変だったろうけど)と想像している。
個人的にはキャストチェンジ後の子のほうが和風でカッコかわいくていいと思う。レノアフレグランスのあやつは大河の顔じゃないだろ!

そのメンタル、桃のごとし

前から「豆腐メンタル」って言葉を自分に使うことに違和感があってさ。
自分って豆腐というよりも、桃メンタルだなと思って🍑かわいくてごめんよ。別にバナナでもミカンでもいいんだが。皮に守られてるフルーツ的。

指で強めに押されると、その直後は大丈夫そうなんだけど、時間が経つにつれて、押されたところから果肉がどろどろと傷んでいく……。
豆腐みたいにすぐにボロォっとはならないかも。

自分のデリケートさにうんざりしたわ。
傷つかないように…指で押されてしまわないように……必死になっている!!