あらためまして あんぽんたん

いまはかわいいものをかくブログです

ゲッツ イズ エターナル アンド ターン

世の中にあふれるありとあらゆる占い(誕生日とか星座)の本を見ても
「あなたはコツコツ積み重ねる職人タイプです!」
って書いてある。
間違っても「社交的でおしゃべりが好きで人と話をすることで輝く」みたいなことは書いてないのよね。まあ、実際そうじゃないしね。
占いの本ってもはや当たる当たらないじゃなくて、
過去に出た占いの本の結果をいかに違う表現で書くかみたいになってないだろうか。
過去の論文を引用しつつ、新しい論文を作ってるようなもんじゃないか。


まあ、「占いなんて当たらないって!」って笑い飛ばすのは楽でカンタンなんだけど、
どうせなら参考にしつつ、たいして気にせず、楽しんでみたいもんなのです。

同じ誕生日の有名人で思い出されるのは、
「ゲッツ!」でお馴染みのダンディ坂野さんだわ。
昔は相手にそれを言うと「ああ! あの一発屋芸人ね!」と笑ってもらえる鉄板ネタだったの。
自虐じゃないけど、自虐ネタみたいになってた。
しかし、ここ最近、「ダンディってゲッツ一筋で20年近く芸人をやり続けているのすごくないか……」って気づいたんだよ、わたくし。
いろんな芸人があーでもないこーでもないって日々ネタを探ってるのに!
極め付きは、ダンディがある番組で「『ゲッツ!』にアレンジを加えないのは、お客さんが見たいと思っている『ゲッツ!』をやりたいから」的なことを話していて、とても納得した。

たとえば一発ドカンと売れたミュージシャンって、売れた曲を歌うことに飽きてしまうんですって。
自分が作ったものに誰よりも飽きてしまう。
だからアレンジを加えたりする。
へたしたら「原曲とは別物じゃん!」みたいな大幅アレンジを加えちゃう。
でも、お客さん(民衆)が期待しているのって、
大ヒットした当時のCDと同じ曲なんだよねぇ。

ダンディはそれ(大ブレイク当時のネタの感じ)を貫いているのか…!と、びっくりした。
まさしくコツコツ積み重ねる職人タイプじゃないかと!!
それで年収すごいんだろ!すごすぎ!
芸人さんのことをこういう目線で見たらネタ殺しだってわかってるけど、
それでも「この人すごい!!!」って感動してしまった。

で。もうダンディは尊敬に値するので同じ誕生日の人としてネタにはできない。

そこで新たに考えた誕生日小ネタが、プロフにも書いている
「アル中家系とゲコ家系のあいのこ(禁酒の日生まれ)」なのでした。
どっちに転んでもいいことが無いのが分かりきっているので、
わたくし自身はお酒を飲みません。サイダー好き。
飲み会に行ったときに酒を飲まない理由を説明するときに、こういうことを話すのでした。


また明日も何卒!
f:id:itachi5go:20180525232702p:plain