あらためまして あんぽんたん

意識ゆるい系の日記です

うしろシティ「どこが海のみえるまち」まとめ(※ネタバレ有)

うしろシティの単独公演を見に行きました。in 新宿シアターサンモール。

名作くんの監督をお見かけして「うおおお!」となったけど、
自分はすでに待機列にならんでいたのでお声かけられず!!無念!!!

うしろシティの公演を生で見るのは今年で二回目!めっちゃ楽しかったです!!!

f:id:itachi5go:20180618222434j:plain

【ご注意!!】
公演のネタバレを含みますので、
構わない方のみ、ご覧ください。

 

 

 

(ネタバレを含みます)

 

(印象的だったセリフをタイトルにしてます)

 

 

 

 ・「『岡崎高校 三塁打』で検索してみ」

 久しぶりに帰郷した息子(K)。
 友だちの母ちゃんが友だちの高校の頃の体育着姿で、それを笑っていたら、
 自分の母ちゃん(A)は野球のユニホームとカバンをフル装備。
 それどころか町を歩き回ってチョー有名人になってて…と、いう飛躍に次ぐ飛躍!

あすわさんが母ちゃん役。堂々とパイスラになってたの気になりました、ええ。
きっといいお母ちゃんなんだろな。でも服があれじゃなぁ。バレ―のユニ着て、また野球のユニ着て帰るループ。運動神経ばつぐんなやつw ばんのうくんですな。

久しぶりに会った母ちゃんが「まー!かわいくして!」って息子の前髪いじるのリアルw

 

・「ぼくは変わるんだッ! …………。……パンッ!」

 息を切らしてやってくるいじめられっ子(K)と偉そうにしている不良(A)。
 「パン買って来いって言ったろ!」とキレた不良がいじめられっ子を足蹴にする。
 「ごめんなさい」といじめられっ子。許さない不良。
 暴力にたえながら「やめろ……!」と口走ってしまい、さらに怒らせてしまう。
 ついに、いじめられっ子は「ぼくは変わるんだッ!」と覚醒するも……。

どうやったらこのネタ思いつくんだよと謎なネタ(笑)。覚醒後がよくわかんないけど気持ちが悪い。「手錠してくれ!」みたいな…。でも「バン!」パンがある!とにかく、パン!
かねこさんのマッシュルーム的なヅラが似合いすぎててw
 

・「ここってもはや……おひたし屋っすね」 

 焼き鳥屋(A)が出しているラーメンを食べに来たサラリーマン(K)
 「もともと焼き鳥屋なんだ」と渋りながら出したお通しのほうれん草のおひたしがバカウマ!
 リーマンの「もはやおひたし屋っすね」発言から、どんどんと店の肩書が更新されていき……。

うしろシティのネタって「こんなやついるよな」ってネタ着想するそうだけど、
たぶんこういう人いたんだろうな(笑)後輩とかにいそう!
焼き鳥屋がボケかと思って見てたらリーマンがバグってるほうだった(笑)

 

・「それはごひゃくまんえんッ!!」

 さびれた駄菓子屋の店番をする“いかにも”なおばあちゃん(K)。
 お金のやり取りをするときも「それは10万円。はい、50万円。おつり、40万円ね」とお決まりのギャグを飛ばす。
 「なつかしいなー」とホクホクしていた客(A)だったが、ふとレアなおもちゃを掘り出す。
 値段をきくと「それはごひゃくまんえんッ!!」……さて、これはどっちだ?

またしても、かねこさんのヅラが。似合ってます!
おばあちゃんがエアマックスはいてるっていうんだけど、劇場的に見づらい!!!
「孫ぉ!私立大学いっていいぞぉ!」がツボでした。

 

・「葬儀屋!? 葬儀屋!?」

 最愛だというおじいちゃんが亡くなって棺桶の前で泣きじゃくる孫(A)
「タケシや…そんなに泣くんじゃない…」と
 天国から孫にやさしく語りかけるおじいちゃんだったが、
 その声が聞こえたのはそばに立っていた葬儀屋(K)だけで……

悲しいシチュエーションなのにシュールで面白い。おばあちゃんのときは天の声が聞こえたらしいタケシ。おじいちゃんも必死になって「きっと位置だ!位置!」ってラジオみたいなことを言い出すのツボだわー。

 

 

・「大量の青木が押し寄せてくるの!?」

 プロポーズのためにレストランを予約した男(A)
 「二名で予約した青木です」と言うも「青木さまは200名います」とウエイター(K)
 どうにかしぼり込もうと知恵をひねるも、青木の数がなかなか減らず…!

それまで散々苦労してたのに、2000円のコースで一気に分母が減るの笑ったわw
あと180分に250分のフラッシュモブをブチ込むのはイカン(笑)

 

・「コピーのこと刷るって言うな」

 画家先生(A)に「絵を売ってください」と頼み込む男(K)
 「私の絵をどうするんだ?」と目的をたずねる画家。
 「全国200店舗のファミレスに飾ります!」「先生の絵はあってもなくてもいい!」
 「あたりさわりがない!」「先生の絵で客を流せる!」
 と、大絶賛(?)で…。

ファミレスの絵ってたしかに飾ってあることは分かるけど、どんな絵かは覚えてないw
なによりも絵が月、リンゴとバナナ、ってベタぁぁあああ!!!
見どころはおじぎのたびに折られていく絵w 

・「こいつ? 友達じゃない」

 パーティサークルのチャラ男(A)が呼び出したのはオタクのクソ村(K)
 カードゲームを教えてほしいと頼み込むチャラ男に、
 たどたどしい口調だったオタク君は一気にテンションを上げ、饒舌に説明する。
 しかし、そこにチャラ男の知り合いがやってくる。ださいオタクと一緒にいるところを
 見られたことを恥じたチャラ男はとっさに「友だちじゃないんです!!」と誤魔化す。
 オタク君は機転をきかせ「そうなんですー!実は……」とクソ村劇場を繰り広げる。

前回のチェリーズみたいな胸がぎゅううううううっとくるネタ。
「友だちじゃないって言ったこと謝って」とか「こういうの慣れてるから…」って
それに備えてホームページや資料を夜な夜なつくってるクソ村を想うと胸はちきれるわ。
最後の一言が爽快なので、もうちょっとチャラ男がひどいやつでもいいんじゃないかっ……結構いいやつな気がしちゃったよ!。
コントってこと忘れて、チャラ男が「こいつ?友だち」って言うのをちょっと期待してたわ。
カメンライダーギガ(ギガンド?)はまじでありそう。エグゼイド…。

 

・「おちょこ屋」

 10年間ピンポンダッシュを繰り返す学生。玄関に出るために手を洗う陶芸家。
 ピンポーン、「はーい」と手を洗う、いない、ピンポーン、「はーい」と手を洗う、いない…
 その繰り返しでだんだんと陶芸の砂がなくなっていき…。

「ボタン一つでできる仕事なんてー」から「お前のピンポンダッシュはボタン一つだ!!」の
まくしたてがツボでした。声に出して言いたい、おちょこや。ちりつもコント。


 

抜けたネタもあるかもしれませんが、こんな感じ。
席は前のほうだったのにサンモールちょっと見づらかったなー。見えなくてわかんないの多かった(前回行った高円寺はひな壇式ですごく見やすかったもんでなおさら)。まあ、そういうネタもDVDで見るたのしみで良いのです(`・ω・´)+

ちなみに幕間の映像は「ルール分からないけどやってみた」でした。空手と新体操。おっさんたちのレオタード姿はちょっとした犯罪w

オープニングの曲が相変わらずめっちゃ良かった。ズーカラデルの「アニー」


ズーカラデル 「アニー」Music Video
タワレコでしか売ってないそうなのでソッコー行く!!!

f:id:itachi5go:20180618222707p:plain

ファンの方が贈ったらしきお花!かわいかったです!!