あらためまして あんぽんたん

意識ゆるい系の日記です

どうせ狙うなら真ん中の5番

もう何年も前からチャレンジしていることがある。
去年、ちょびっとかすって、今年も去年よりかは激し目にかすって、今日見たらふたたびかすっていたという。
もちろんですが、その間に大きく外しているものもありますが。臓物がねじれてひっくり返って結局もとに戻るみたいな落ち込み方をしている。
レベルはちょっとずつ上がってるものの『かすっている』ところから出れない。

たとえるなら、1から9のパネルを野球選手やサッカー選手が一枚ずつ狙う(体育会TVとかでやる)ゲームのよう。
自分が投げても投げても蹴っても蹴ってもパネルには当たっているのにちょっとのズレでみごと射抜くことができない。「惜しい!」を繰り返している。

……で、ここで思うのは、
「こんなに投げても射抜けないなら、このままがむしゃらに投げてもムダ!」
なのか、
「パネルには当たってるんだから、次こそはいける! いずれ射抜ける!」
なのか、だよね。

もちろん私は後者であることを選ぶ。
そして経験上、ムダだと思う時間があるなら投げたほうが絶対に当たることを知っている。
認知行動療法じゃないが、こういうときのメンタルの導き方ってあえて意識して良い方にするのがベストだと思う。楽しいほうがいいもんなー。
いずれ当たるのを確信している。いずれ当たるし、射抜けるし、すべてのパネルが落ちる日が来るさ。
とりあえずもう一度ボールの準備をする。次のボールを投げるのが目標。

頑張れぇえ負けんなぁあ力の限り生きてやれぇえ!
また明日も何卒!