あらためまして あんぽんたん

得意なことは「とりあえず続ける」です。

力を分散させるを考える

災害対策のアイテムをそろえるときに、「あんまり一つにまとめない」っていうのが大切なんじゃないかって個人的に思っている。経験則として。

家に置いておく防災アイテムは、なるべく持っている能力を分散させたい。

 

たとえば、スマホSNSで情報を得るのとラジオ(もしくはradikoあるいはワンセグ)で情報を得るの、一点集中になってしまうとやっぱり負担がかかる。

万が一、スマホが壊れてしまったらそれっきりになっちゃうでしょ。バッテリーの減りも心配です。なんならデータ通信量も心配だよね(笑)

だから、乾電池だけで長く動くアナログラジオは必要でしょう。東日本大震災のあとにラジオ必要だよねっていう世の中の動きがあった気がするけど、やっぱ最近は「ラジオねぇー……うーん」って評価がまた下がってきてたから(笑)見直す良い機会だと思うの。

北海道の人たちの話を聞いてて、radiko(らじるらじる)にはあんま頼らないほうが良さそうかな……と思った。回線がダメだとradikoもダメ。radikoが役立つのはWi-Fiとか戻ってきた頃だね、きっと。

ちなみに私の持ってるラジオはワンセグの音声も受信できる。

ただ、値段と機能のわりにあんま電池のもちがよくないのが難点か。ほかにも3つぐらいラジオ持ってるので平気ですが。

SONY FM/AMハンディーポータブルラジオ ホワイト ICF-51/W

SONY FM/AMハンディーポータブルラジオ ホワイト ICF-51/W

 

これ好きだよ!ただ!難点はイヤホンにするとモノラルってことだ!

 

モバイルバッテリーも容量でかいの一つ持つよりも、5000ぐらいを3つぐらい持って、古くなったのから入れ替えておくぐらいがいいと思う。バッテリーは絶対劣化するから。あと容量でかいと充電に時間かかって面倒くさいんじゃないか?

 

かさばるのは良くないけど、入れ替えながら使っていくために一点集中させないっていうのは必要じゃないかな。

 

震災のときに「失敗した!」と感じたのは給水タンク。古いのしかなくて、使おうとしたらホコリ臭くて(笑)

なのでビニールの折りたためるやつをこの前買ったんだよ。飲み水のための給水タンクは必要(トイレの水は風呂の水で流してたので無問題)

ちなみに震災以来、お水はペットボトルのやつをいうも箱で買って飲んでるので備蓄としてある。

ほかに必要なのは光…ランタン系かなぁ。光も必要だよね。でもLEDの光苦手だから、なんか考えないとな。

 

電池もエネループだけじゃなく、乾電池も必要なのかねぇ。どうなのかな。

無印かどっかの電池のサイズがバラバラでもつく懐中電灯がたぶん今頃売れてるんじゃないかと予想。

 

また明日も何卒