あらためまして あんぽんたん

得意なことは「とりあえず続ける」です。

逃げてよかったのに。こんなことになるなら。

昨日(正確には一昨日)からブチ切れてるドラマの脚本の人が今回のことを「逃げずに書いた」と言っているのが、どうにもモヤモヤ気になっている。
ちなみに震災+親友の死のことだけでなく、我が子のイジメを「転校したら解決!」っていう雑な描き方もしている。それも逃げずに書いた…ことになってるらしい。

これは前からなのだけど、脚本の人がTwitterで、ハッシュタグで批判や文句をつぶやいている人(決して脚本の人に直接文句を言っているわけではない)のアカウントをブロックして批判を見ないようにしている…絶賛の声を集めてひたすら浴びている…という行為に、
「この人、おもいっきり逃げてるじゃん」と思った。

もう名前もだしちゃうけど、北川さんはほんと……アレだな。
そもそも、まだ作品が完結してないのにあーだこーだってTwitterでドラマの内部事情をもらしてたり、「今日は神回」とか「炎上しちゃうだろう」とか言ってしまう痛々しさよ。承認欲求モンスターよ。
自分語りがとまらないんだよ。自分のことを知ってほしくてしょうがないんだろう。
それをドラマで描けよ!!!って思う(上で書いたようにぜんぜん描けてません)。
これならまだ井上御大のアンチに対する「そういうのもいい!」ってスタンスのほうがまだ好感が持てる(たぶんざっくりと分類したら北川さんと同類なんじゃないかとは思うが^^;)。


しかし、今回妙に納得したのは私が子どもの頃からドラマを見ていて「こういう女が嫌い! ふざけんな!!!」って腹を立てていた登場人物って、まさしく北川さんが創り出した女性像だったようだ。
ロンバケを始めとする恋愛ドラマの、キーキー口うるさくて、でも自分ではなにもしなくて(笑)カッコイイ王子様に愛され、守られる…か弱いお姫様のような女。
正反対だもんな、私が創り出す女性たちは。
だからもともと反面教師だから(笑)今回のことも腹を立てて当然なのかもしれない。


なんか!でも!どうしても「今回の朝ドラは高視聴率だったらしいね!」「高視聴率ってことは良いドラマってこと??」って思われたくない。
ってか!国民がスポンサーのNHKに!視聴率は関係ないからっ!!
私が言いたいことをまとめるよ!!!

東日本大震災を安易に取り入れて、被災者に配慮もせず感動展開に利用した』
半年間もあったのに最終週の三日間でしか描いてないからね。45分ですよ。そのまるごとでもないからな。せいぜい20分ぐらいでは。
(全2340分のうちの約45分…)
ってかこのドラマのメイン舞台って岐阜なんですけど!!!?
ちなみにストーリーにも絡めることも十分ムリなく可能だった阪神大震災に関してはスルーです。起きてないことになってんのか?

『学校でいじめられてる我が子をほったらかして、母である主人公は恋愛に夢中! イケメン俳優はもれなく全員主人公のことが好き!』
え?子どものいじめ?転校で雑に解決!!

現代の問題をとりあえず取り入れておき「ボクってゲイだから○○なんだよね、片耳が聴こえないから××なのか!」と、差別的なセリフを吐かせる。
差別的な表現チラチラしてて、この書き手は差別してんだなーって思う。
『弱者に寄り添わない。寄り添うのは自分自身』

つまり、この脚本って最優先なのは涙と胸キュンと自分自身なんでしょう。
そのためにはどんな手段を使ったっていいんだろう。
「逃げずに書いた」ってそういうこと???


また明日も……怒ってたらごめんなさい。