あらためまして あんぽんたん

いまはかわいいものをかくブログです

ハッピーバースデー!!新しい王の誕生だぁああ!!

ジオウのオーズ編、やっぱり小ネタ盛りだくさんで良かったよぉおお!!!
「いや、そこにキヨちゃんねじ込むんかいっ!」(文字通り)っていう。
オーズ知らない人が見たらあれはホラーだろう(笑)
ぜったいに現場で柴崎監督とかにクスクス笑われながら仕込まれてたんだろうなぁ…って想像できて、ほっこりする(*´∀`*)のでした。

そんな感じの小ネタが今日もふんだんに仕込まれてて、気合の入り方が違うような気がしたよ(笑)

しっかし、ソウゴくんが映司に「好き!」「好き!」って猛烈熱烈のラブアタック(語弊)してたのが、良いですなぁ。よいよい!!
やっぱり二人は似てるよね。
あらゆる民を王として救いたいソウゴくん。
後悔しないように手を伸ばしてみんなと手をつなぎたい映司。

たとえアンクと出会わなくても、映司は同じ道を選ぶのか……。放浪はしてたみたいだから、もしアンクと出会わずにオーズにならなかったら、国会議員という力を選んでたんだね。
父親と確執があったとしても、檀とは違って、己の道を進むんでしょう。
……っていうことをほんわりと感じたのだった。
おおお(T_T)毛利さんそこを活かしてくるとは。

ちなみに映司の胸の赤い羽根は、渡部くんが直々に言い出したことだそうです。と、秀くんのインスタにありました。→https://www.instagram.com/p/Bp_k3FPhKVQ/
オーズへの愛がありすぎてアタシゃもう血が吹き出しそう(笑)
あとお城の前でヒナちゃんとお別れするシーンのところで一瞬、羽根を見ましたね…おい映司…羽根を見ただろ。あそこのシーンにアンクがいたらなぁ…いてくれたらなぁ…って思ったけど、映司(秀くん)の心の中にはちゃんと三人いたんだよ!!いたんだよ!!

ハッピーバースデー!!!!
ハッピーバースデーも継承された瞬間である!!!

ちなみにオーズの必殺技はほとんど間違いなく継承されてて、「あら??」と思ったんだけど、あれはちゃんと当たるっていう皮肉だろうか(笑)
よくよく見直すとタカトラバッタの紋様がカタカナだから、間違ってんだよね。
ただ、あのタトバキック対比する演出だとやっぱ当たってるのがおかしいってことになる(笑)


でもね、だいぶね、ストーリーとしてはだいぶ説明が無いんすよ(笑)
タカ缶!ライドウォッチ!もう一つのライドウォッチ!!説明無しっ!!
タジャドルはきっと映画でなんかあるぞーと思うからいいんだけどさ。

「これを使え!」と指示してくれるタカ…。うん、うん…そうかぁ。あのタカちゃんなぁ。
ロボ戦もオーズとタジャドルで紫の龍を倒すってことになってて、ああ、小ネタすごいいい!!!
あのお城の石垣ちゃんと直すの大変そううう!!


とりあえず、心待ちにしていたオーズ編に、たくさんの愛がこもっていたことをしっかり感じ取ったので、満足です。
よかったよかった。正直ジオウ開始の頃はあんま期待してなかったのよ(笑)ごめんなさーい!!
本当によかったあ!!秀くんやヒナちゃんや監督や脚本、スタッフのオーズ組に感謝を。どアウェイなのに妙に馴染んでた檀黎斗王にも感謝を(笑)

そして番組の最後に家出しちゃうゲイツくん、まじわんわん。マジ秋山蓮……。

また明日も何卒。