あらためまして あんぽんたん

意識ゆるい系の日記です

打ち切りなんてシステム作ったやつの歯を全部撃ち抜きたい

もう完結したあるマンガを大人買いして、わくわくしながら一気読みして、残り2巻あたりで「もしや」と気づいて、最終巻を読んで、泣いた。

打ち切り作品でした(´;ω;`)

そうじゃないかなーーって読み始めて、大丈夫かもなーーと思ったけど、……ねぇ。
でも作者さんの画力がぐわーーーっと向上していくのを一緒に体感して、とてもドキドキしたわ。
皮肉なことに、打ち切りに勘付いた残りの2巻あたりが脂のりまくっていたという!!!

宙ぶらりんになった人物たちがまだ頭の中にいらっしゃる……。みんな魅力的なのに、活かせなかったの、もったいねぇー!!!!

まあ、完結もせずにふわーっとフェードアウトしていくお話よりいいけどね。
そういうのもたくさんあるさ!!!!
一番悲しいのは長々つづいて、作者体調不良で長らく休載するやつね。活動休止という名の実質の終了みたいな。


そういう意味では、小説ってきっちり終わるからいいよね。
シリーズものだって本ごとに独立したストーリーになってるのが多い気がするしさ。
広げた風呂敷をたたみきれてねーぞってのはあるが(笑)

あるクリエーターさんが「作品を完成させたぶんだけ、力量というのはだいぶ上がるよ」と話していて、そーなのかーと思っている。
だとしたら長いのをコツコツ作り上げていくのもいいけど、短いのをいっぱい書いたほうが力あがるのかなーと思っている。

以上です!