あらためまして あんぽんたん

意識ゆるい系の日記です

風呂敷のたたみ方は要指導

いまさらながら「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」を見てきたのさ。

なんか色々とツッコミどころあるけども、オーマジオウフォームになるところなんか本編よりもグッとくる高まりだったと思う。
ソウゴがどうして王様になりたいか…ってシンプルにハッキリさせるとこ。

ウォズの扱いも映画版のほうがいいと思う。
ウォズはやっぱりなんか…「ジオウ」のお話の外側にいる特異点的な存在だったんだなと(Quartzer設定が本編でも生きてるのかは分からんが)。

ウォズが序盤にカメラ目線になることでメタ的な存在だってことが明らかになるわけですが、メタフィクションの設定ってブームなんですかね??
漫画ならともかく実写のメタって寒いと思うから好きじゃないんだが。

でも!まあ!それとは関係なしに!
あのさ!下山さんってさ!
風呂敷のたたみ方がなかなか雑ですね!!なんなんっすかね!!!!

ある人物を殺しておいて、ある人物を消しておいて、最後のシーンでなんの説明も無しにぽっと復活させてるのはさすかにwwwww
それを「時間にはいろんな可能性があるよね」で畳んでしまうのは、納得いかんぞ。
特撮お得意の未知のエネルギーとか奇跡とかで復活させればいいのにさ。便利な装置はたっっくさんあるんだから、それ使えばいいのにさ。

見ながら「そりゃねぇぜ」と思った。

オーマジオウフォームぐらいまではなかなか良い感じだったのに、このオチがあんまよくないのでほんとモヤモヤしました(笑)


リュウソウジャーの映画は、いつものリュウソウジャーだったです。
いつものスーパー戦隊の映画だと「時間なくて説明が足りないかなー」ってパターン多い気がするけども、リュウソウはいつもそんな感じなので(笑)通常モードかと。
アスナちゃんが誰よりも勇ましいのがポイント高かった。
バンバ兄の「死ぬぞ」のセリフがなかなかの不可解だったかな。集団行動に慣れてないから空気読めない兄。


……あと、もしかしてゼロワンってベルトは静かだけど変身者がうっせぇかもしれない。どうしよう(震)