あらためまして あんぽんたん

意識ゆるい系の日記です

じゃーらじゃーらのとこがクセ強

だいぶ昔にラジオで聴いた曲が長い間耳に残っていて、最近になって「これスピッツの曲だったんかい!!!」と驚いたものをご紹介!

「メモリーズ」

見えそなとこでハーラハーラ♪
右手に小銭ジャーラジャーラー♪
ってところがたまらなく耳に残っててさ!

聞くほどにクセになるわ。
これのコメント欄にもあるけど、サカナクションみも感じる。カクカクした感じが。

「チェリー」「ロビンソン」「空も飛べるはず」「春の歌」あたりをスピッツのイメージとしてしまうと、どうしても「スピッツはロックバンドじゃないでしょ(笑)」っていうイメージになってしまうわなぁ。

でも、この「メモリーズ」とか他のアルバム曲を聴くほどその「穏やかであたたかくて優しい…それがスピッツ!」ってイメージがガッチガチに固い既成概念であることに気づくのだわ。

私的には「トビウオ」と「ナンプラー日和」が大好きです\(^o^)/へいへいへーい!