あらためまして あんぽんたん

意識ゆるい系の日記です

運動しに行く場所だからね

おもいっきり体を動かしたときの、毛穴からぶわーっと気持ちよさがにじみ出るような感じを昨日久しぶりに体感したのだった。
これをたまーに感じているから、スポーツジム通いが続いている気がする。

一般的にジム通いの継続率は半年で30%、一年間で10%ぐらいらしい。
自分は三年以上通ってるから……5か3%ぐらいに入るんじゃないだろうかなぁ。えっへん!誇ります。ほこりまみれ。

猛烈に辞めようと思ったときがあったけど、そのタイミングでマシンの総取っ替えがあったんでモチベーションが持ち直した。もちもち。


自分的なスポーツジムを続けるコツは三つ。
・家から近い
・自分の運動リズムを作る
・他の客と交流しない

家から近いのは言わずもがな。遠くて行くの面倒くさいのに続けられっか!!!!

自分の運動リズムを作るっていうのは行ってからの一連の流れを決めちゃうこと。私の場合はストレッチ→血圧測定→軽く有酸素運動(ウォームアップ)→マシンで筋トレ→がっつり有酸素運動→軽食とシャワーともうやることが完全に固定されている。
スタジオでやるエアロビとかは、曜日と時間が決められてて、三ヶ月に一回リニューアルされてしまうので出ない。自分でリズムが調節できないものはシャットアウトしてます。

他の客と交流しないのは、いちいち挨拶とかするのメンドクセーからです(笑)「あの人に会いたくない…」とか思って足が遠のくのを阻止するため。
まあ、ひたっっすらマシン運動だけしてると交流するきっかけがまず無いだろうけどねぇ。
話しかけるのはスタッフの人ぐらいにする。

私のジム通いの目的は、トレーニングによってメンタルの健康をたもつためなので、通うだけで目的が達成されているってのもいいのかもしれない。
ダイエット目的だと、たぶん数値を達成したらやる気がなくなってしまうからね……。

もう何年もジムに通っていて、「この人もずっと通ってるなー!」って私が思う人も、本当に黙々淡々と運動している人ばっかりなんだよねぇ。

ジム側は「みんなで運動!」をプッシュしてくるけども、続けるという観点では交流しないのが継続のコツだと割とまじで思うのだった。